ベランダ便り

北国秋田のベランダでバラを育てて12年目。 とは言うもののまだまだ未熟者。 早くバラの心が知りたいな。。。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
マリと子犬の物語
「マリと子犬の物語」

泣きました・泣けました(TーT)
一年分は涙を流してきました(TーT)

子役の女の子
演技がとても上手ですね~
どのシーンでも
泣きっぱなしでした☆

実家の母がこの映画を観たいと言い出して
犬好きの父も一緒に行きたいと言い出して
そこへ私と姉が加わり
昨夜「昔の親子4人」で 仲良くレイトショーとなりました☆



*** 映画館の中です。金曜日ですが、お客さんは少なかったです。。。 ***

実家でも 犬を二匹飼ってます。
一匹はマリと同じように父が拾ってきていることもあるし
家族で一番涙もろい父は
感情移入も手伝って
最初から最期まで、大泣きでした^^;

地震のシーンは目を覆いたくなるほどリアルで恐怖を感じました☆
まさにこの地震の瞬間
姉は新潟の温泉にいたんです!
携帯はなかなか繋がらず
不安に駆られたあの日を思い出しました。
無事でよかった・・・
地震はほんとうに怖いです。

マリと子犬の絆・犬と人間の絆・家族の絆
実話から生まれた、あたたかな絆
感動しました(=^_^=)/
関連記事
thame:日本映画 genre:映画
***日々のこと*** | トラックバック(0) | コメント(6) |permalink
<< ルーツは京都1 | home | クリスマスローズの季節がやってきた♪ >>
Comment

管理者にだけ表示
こんばんは!
この映画、かなり泣けるらしいですねえ。
こういう動物とのふれあいのストーリーって、展開がわかるんですけど、感動しますね。
久しぶりに映画でも見にいってみようかな。
2008/01/12 Sat| URL | q-harada [ edit ]
q-haradaさんへ
haradaさん、こんばんは(=^_^=)

たっぷり泣いてきましたよー☆
邦画は滅多に観ることないんですが
両親に誘われて行って来ました。

レンタルもいいですが
たまには映画館で映画を観るのもいいですね♪
2008/01/13 Sun| URL | q-haradaさんへKaori [ edit ]
映画 見にいかれたんですね。^^*
私もこの映画は見たくて・・・,だってTVの番宣でも 泣いていましたから。。
チョコをおいて 行かないといけない,,想像しただけで もうだめです。。
2008/01/13 Sun| URL | マウンチョ!! [ edit ]
マウンチョ!!さんへ
マウンチョ!!さん。こんばんは(=^_^=)

>想像しただけで もうだめです。。

うんうん。わかります☆
父もそうです。
実家ではポメラニアンも飼ってて
両親の寝室で一緒に寝てるんですよ(; ̄ー ̄)...
二匹を溺愛している父は多分一番泣いていたと思います。

マウンチョ!!さんもチョコちゃんと重ねてしまって
大泣き間違いないですね。
映画を観る時はハンカチじゃなくてタオルのほうがいいですよ('-'*)フフ
2008/01/13 Sun| URL | マウンチョ!!さんへKaori [ edit ]
マリと子犬の物語という映画、
感動する映画なのですね~。
機会があったら私もぜひ観たいと思います。

それにしても昔の親子4人で映画を観に行けると
いうのが私にしてみればすごくうらやましいです。たぶん、
家は弟で今は挨拶くらいしかしないし、私も実家から遠いし
いろんな理由が重なって寂しいですがもうそんなことは
二度とないと思います。

↓のクリスマスローズ、白い綺麗なつぼみを
つけていてこれからが楽しみですね。
ホントに去年の事って以外と覚えているようで
忘れてしまうんですよね、またkaoriさんのクリスマスローズの
お花もも楽しみにしています♪
2008/01/14 Mon| URL | lavande [ edit ]
lavandeさんへ
lavandeさん。こんにちは♪

昔の親子4人での映画は「初めて」です。
母は映画好きで小さい頃から映画館につれてってくれたけど
父は映画館に行くと言うタイプではありませんでした。
年をとってずいぶん丸くなった父です。

クリスマスローズの蕾
↓の他にもちらほら見え始めましたが
秋田は今週かなりの寒さです。
成長がストップしてしまってます。。。
2008/01/15 Tue| URL | lavandeさんへkaori [ edit ]
Trackback
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。