ベランダ便り

北国秋田のベランダでバラを育てて12年目。 とは言うもののまだまだ未熟者。 早くバラの心が知りたいな。。。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
レンズ豆のスープ
くつくつくつ。くつくつくっくっく。
初めてレンズ豆のスープを作りました☆

201010273.jpg

6人の作家による、香りにちなんだ6つの物語「コイノカオリ」

51XT63H9R5L__SS500_.jpg

図書館で最近お気に入りの作家井上荒野さんの名前をみつけ
借りてきました。

湯船につかりながら、それぞれの短編を読んでいたら

~ 秋田の10月のよく晴れた冷たい朝、私はひとりで豆のスープを飲んでいる。~
         宮下奈都 「日をつなぐ」 より

と、「秋田」の地名が出てきて・ドキリ!

宮下奈都さんの物語は、夫の転勤に伴って福井から秋田にやってきた、22歳の若い主婦が主人公
ふぅ~ん 秋田が舞台の物語なんて珍しいな~
そう思いながら読み進んでいくと
楽器店・駅前の市場・その角のきりたんぽと豆を売っているお店が登場して
位置関係がやけに正確でリアル

なぜこんなに秋田に詳しいのかしら?
秋田に旅行に来たことがあるの?
もしかしたら本当に住んでいたのかもしれない。
この物語は若いころの体験がもとになっているのかも・・・
なんてね^^



見知らぬ土地と慣れない子育てに心が壊れそうになる主人公
そんな主人公を全編を通して豆のスープの香りが優しく包んで癒しています。

初めて読んだ宮下奈都さんの小説はさらっと感情移入しやすく、すっかりお気に入り
まだ一冊、しかも短編を読んだだけなのですが^^;
読んだ後の余韻が江国香織さんの本を読んだ後に似てるな~って、
作風が似ているのかな?そんな気がしました☆
私の感じ方はあてにならないけれどね(^^ゞ

井上荒野の次は宮下奈都にはまりそう~♪

今日作った豆のスープは小説の中に登場するスープです。
どうしても食べてみたくなって作ってみました。

201010274.jpg

具だくさんのとても優しい味がしました(*^_^*)

明日はこれにマカロニを入れて、マカロニスープにしよう~♪

201010272.jpg

ちなみにこのレンズ豆は小説に登場する駅前市場から出たすぐ角の鈴○商店さんから
購入しました^^
一合升での量り売りが、なんだかとても新鮮でした(*^_^*)
関連記事
thame:今日の晩ご飯 genre:グルメ
***お料理*** | コメント(2) |permalink
<< 去年誕生のクリスマスローズに花芽?  | home | 今宵も鈴木京香(*^m^*) >>
Comment

管理者にだけ表示
素敵なお話ですね♪
自分の身近な街が小説の中に出てくるって
わくわくうれしいですね。 内容も
見知らぬ土地に転勤で、って私にも重なるな♪
レンズ豆のスープとっても美味しそうですね。
マクロビを昨年少し習っていた時 よく
レンズ豆を入れたレシピが出てきました。
短時間で煮えるところも嬉しいですよね。
私もまたレンズ豆でスープ作りたいです^^

↓のドラマ 面白そうですね。 知りませんでした。
途中からでも楽しめるかな? 私は今
秋のコンチェルトという台湾ドラマに
はまってますよ。 
2010/10/29 Fri| URL | lavande [ edit ]
lavandeさんへkaori
lavandeさん、こんにちは♪
いつもコメントありがとうございます(*^_^*)

たま~に秋田の地名が出ても
それはさらっと書かれたもので
今回読んだ小説のように描写が事細かにかかれているのは
初めてでした。
嬉しいですね^^

レンズ豆ってとても小さな豆なんですね
ピーマンの種みたい(*^_^*)
初めて見た豆ですが
lavandeさんは知ってらしてスープまで作ってらっしゃるとは
さすがです~♪
豆は大好きなのでついでにひよこ豆と黒豆買ってきました。
また豆の料理作り作ってみたいな

> 秋のコンチェルトという台湾ドラマに

台湾ドラマですか☆
テレビでやってるの?
名前からして悲しそうな切なそうな物語っぽいですね^^
今度探してみます♪
2010/10/29 Fri| URL | lavandeさんへ [ edit ]
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。